創業支援委員会


近年、広島県をはじめ、県内主要都市でも創業支援の動きが活発化してきている。人口減少、特に生産年齢人口が減少するなか、これからのイノベーションの潮流に後れを取ることなく、地域経済に活力と雇用を生み出す可能性を秘めたベンチャーが次々と輩出される地域を目指し、各地域で創業支援の動きがさらに拡大していくことが重要である。

委員会は、平成29年4月発足以来、当面の支援の中心をシード・アーリーステージとして、さまざな活動を行ってきた。地元起業家や大学発ベンチャーを対象としたPRイベントの開催、有識者の卓話や先進地域への視察、地元大学の学生とのワークショップの開催、さらに創業支援に関するアンケート調査なども実施した。こうした活動を通じ、広島県内における創業支援の課題解決の方向性を検討し、多くの検討・実施すべき項目が挙がったことから、平成30年度には支援の方向性について中間的にまとめて、第1ステップとして提言を行ったところである。

地方発ベンチャーの創出に向けて、提言した内容に対する継続した支援も必要であることから、今年度の委員会では、PRイベントの開催などの活動を行うとともに、若年層への起業家マインド醸成など、引き続き検討が必要とした項目について、具体的な支援につなげていきたい。ものづくりなど広島の特性を生かしつつ、ITなど新たな分野にもすそ野が広がる創業とその支援によって、スタートアップ先進地域となるよう、行政などの関係機関とも連携を図っていきたい。

(1)活動基本方針

①平成30年度の委員会活動で第1ステップの提言としてまとめた内容について、関係者と協力
 しながら支援を行う。
②起業家教育など創業支援の方向性として挙げられた項目について、引き続き検討を進めて、具
 体的な支援策を随時実施する。
③今後の継続的な活動を通じて、次年度の最終的な報告などの在り方について検討する。

(2)活動内容

①地元起業家や大学発ベンチャーを対象とした定期的なPRイベントの開催に向けて、業種など
 テーマの設定、県内各地での開催、委員会以外のメンバーの参加など、起業家と既存企業の
 マッチングにつながる支援活動を、産学官連携で進める。
②創業経験者の支援充実に向けて、関係機関と連携を図り、可能な支援活動を行う。
③起業家マインドの醸成に向け、大学等への講師派遣など起業家教育の支援活動を行う。
④本活動を通じて調査・分析を行い、次年度に向けた関連情報の蓄積を図る。