広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
4月6日幹事会の会場

2021.04.064月幹事会 令和2年度決算・3年度予算(案)承認 湊さんが卓話

令和2年度最後の4月の幹事会が6日、リーガロイヤルホテル広島で開かれた。会場では佐々木茂喜、田村興造両代表幹事をはじめ45人、ウェブによるオンラインで会場外から59人の計104人が参加した。冒頭、佐々木代表幹事が「新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる中、ウェブとリアルのはざまで模索し続けた1年だった」と挨拶。各支部・部会・委員会から3月の活動状況と4月以降の予定等の報告があった。続いて交替11名、退会7名の会員異動、2年度収支決算と3年度収支予算(案)をそれぞれ承認した。卓話に移り、広島女学院顧問の湊晶子さんが「日本における『ダイバーシティー』の課題」と題して語った。

向田(画面最上段左端)から画面を通じて授与された修了証を見せる受講者ら=画面撮影

2021.03.26ものづくり委員会主催「デジタルものづくり塾」の成果報告会開く

ものづくり委員会(向田光伸委員長)が主催する「デジタルものづくり塾」の成果報告会が3月26日、ウェブによるオンライン方式で開かれた。田村興造代表幹事をはじめ、委員会メンバーを中心にフェロー、サポーター、アドバイザー等を含めて総勢55人が参加。プレス成形金型初級及び中級アドバンス、射出成形金型初級及び中級の各コース順に、プレス初級は8社11人、中級は9社11人、射出初級は7社11人、中級は6社10人の受講者がそれぞれ自社での取り組みについて発表した。プレスコース全員の発表終了時と射出コース全員の発表終了時の2回に分けて向田委員長が総評を行い、1人ずつ画面を通じて修了証を授与した。

新年度事業計画などについて協議する会場出席者

2021.03.25文化振興委員会 令和元年度・2年度活動報告と3年度事業計画了承

文化振興委員会(武田龍雄委員長)は3月25日、ホテルメルパルク広島で開かれた。会場でのリアル出席は16人で、ほかにウェブによるオンラインで会場外から田村興造代表幹事を含む19人が参加した。冒頭、武田委員長が挨拶し、引き続き「広島文化の見聞を広める」ことなどを柱とした令和元年度・2年度の活動報告書の概要と、「広島の有形・無形の貴重な文化等をあるべき形で保存し将来に向けて発展的に継承していく方法や文化・歴史を感じることができ周遊性のある文化的エリアの構築等について調査・研究する」などとした3年度事業計画をそれぞれ事務方から説明。質疑応答や意見交換を踏まえて大筋了承を得た。

ウェブ併用で開いた総務部会で議事進行に当たる佐々木部会長(右側席の奥)

2021.03.25総務部会 令和2年度決算(見込み)・3年度予算(案)を了承

令和2年度最終の総務部会(佐々木孝富部会長)が3月25日、リーガロイヤルホテル広島で開かれた。会場には10人が集まったほか、会場外からもオンラインで5人が参加した。冒頭、佐々木部会長がコロナ禍の現況に関する所感を交え挨拶し、次いで3月分の活動状況と4月以降の予定等について谷口康雄事務局長が報告。続いて、2年度収支決算(見込み)と3年度収支予算(案)もそれぞれ谷口事務局長が説明し、了承された。最後に、今期限りで退任する佐々木部会長が改めて挨拶し、2年間の活動を振り返り、特にコロナ禍対応でリアルとウェブのハイブリッド方式の会合の仕組みを構築できたのはよかった―などと述べた。

共有画面で資料を示しながら説明する保科氏(上段の3人のうちの中)。左は山本委員長=画面撮影

2021.03.19国際委員会 「コロナ時代の海外ビジネス」ジェトロ・保科氏が講演

国際委員会(山本慶一朗委員長)は3月19日、国際経済情勢等に関する講演会をウェブによるオンライン方式で開催した。当会の全会員向けに毎年実施しており、今回は約80人が参加した。初めに山本委員長が挨拶し、今回のテーマ設定の趣旨等を説明した後、日本貿易振興機構(ジェトロ)広島貿易情報センター所長の保科聡宏氏が「コロナ時代のデジタルを活用した新たな海外ビジネス展開について~最近の世界情勢も踏まえて~」と題して講演。コロナ禍の世界経済への影響及びその中で加速するデジタルビジネスの潮流と今後の課題等を踏まえ、特に日本企業の海外現地法人の動向をデジタル関連ビジネスの展開を中心に紹介した。

共有画面で資料を表示しながら説明する受講者(画面撮影=右下)。右上は向田委員長

2021.03.09「ものづくり現場革新カレッジ」成果報告会 5社8人の受講者発表

ものづくり委員会(向田光伸委員長)の主催する「ものづくり現場革新カレッジ」の成果報告会が3月9日、ウェブによるオンライン方式で開かれた。佐々木茂喜、田村興造両代表幹事を含む35人が参加。初めに向田委員長が挨拶し、この実践活動に取り組む狙いと併せ、コロナ禍の中でオンライン方式に切り替え、そのメリットを最大限活かす形で進めてきた研修の経緯を振り返った。続いて、半年間にわたる全課程を修了した5社8人の受講者が順次、自社の現場課題に基づくテーマ設定から改善活動を実践してきた成果を発表。向田委員長が講評をした後、修了式に移り、互いにリモートで画面を通じて修了証書の受け渡しを行った。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部

広島経済同友会
備北支部