広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
議題について説明する前田部会長(左から4人目)

2018.01.11新年初の総務部会 平成30年度事業計画・基本方針(案)説明

新年初の総務部会が1月11日、広島商工会議所ビルで19人が出席して開かれた。初めに前田昭部会長が年頭の挨拶と併せて景気見通しに触れ、「『申酉騒ぐ戌笑う』という株式の格言があり、戌年は年初より年末の方が株価が上がるそうだ。年明けからの日米の株価動向等を見ると、その予兆のようで期待が持てる」と述べた。引き続いて昨年12月分の活動状況と今年1月以降の行事予定等の報告があった後、平成30年度事業計画・基本方針(案)を説明。活動テーマ・指針・方針とも前年度と基本的に変更はなく、そのまま次回の幹事会に上程する。

挨拶をする香川部会長(左列中央)

2017.12.19交流部会 岡山・広島経済同友会幹部交流懇談会の運営など協議

交流部会(香川基吉部会長)は12月19日、広島商工会議所ビルで17人が出席して開かれた。初めに香川部会長が挨拶し、引き続いて8月以降の活動状況を報告、次いで今後の担当行事として新年2月20日に予定している第19回岡山・広島経済同友会幹部交流懇談会のプログラムを説明。マツダミュージアムを見学し、同本社会議室での両同友会の活動報告などの後、マリーナホップの水族館に移動して懇親会を開くこととし、大筋了承された。また、2月27日に予定している支店会員懇談会についてはこの日提案のあった懇親会場を軸に今後、調整する。

春日大社で特別参拝をする一行

2017.12.12広島ブランド委員会 奈良など「滞在型インバウンド」の先例視察

広島ブランド委員会(伊藤豪朗委員長)は12月12~13日、奈良市と和歌山県高野町を訪れ、滞在型インバウンド観光振興の先進事例を視察調査した。17人が参加し、初日は奈良県が外国人観光客向けに開設した交流施設「猿沢イン」で県観光局から現況と課題についてレクチャーを受けた後、春日大社の特別参拝を含めた見学をした。2日目は日中でも氷点下という厳しい寒さの中、高野山で高野町の観光関係の取り組みについて担当課長らの説明を聞いた後、宿坊の天徳院で精進料理の昼食を味わい、引き続き真言宗総本山の金剛峯寺を見学した。

窓越しに見る夕景が美しいレストランで開かれた交流会。右端が挨拶する高木委員長

2017.12.09「企業間交流 with こいのわプロジェクト」を初開催

当会と広島県がタイアップし、会員企業の独身社員を対象にした交流会と県の結婚支援事業「こいのわプロジェクト」をセットにした初のイベントが12月9日、広島市内で開かれた。男女合わせて約70人が参加。初めに、女性はヘアアレンジとメイクのレッスン及びパーソナルカラー診断を受け、男性は「一歩前へ進めるコミュニケーション力」と題したセミナーを受講した。この後、窓越しに見る夕景が美しい20階のレストランで交流会。当会少子高齢化対策委員会の高木廣治委員長が挨拶して開会し、参加者は会社や男女の垣根を越えて楽しく語り合った。

女性が輝くための交流会の運営などを協議するメンバー

2017.12.08ひとづくり委員会 新年2月に「女性が輝くための交流会」

ひとづくり委員会(川妻利絵委員長)が12月8日、ひろしまハイビル21で24人が出席して開かれた。川妻委員長が挨拶し、引き続いて今後の活動計画を説明して協議。今年2月に初めて開いた「輝く女性のための交流会」を次回は「女性が輝くための交流会」に改称して来年2月23日に開催し、広島大学の森玲子教授の基調講演と会員企業の女性人事部長ら3人に森教授も交えたパネルディスカッション、参加者による交流会というプログラムで実施することを決めた。講演や議論のテーマ及び運営の詳細については今後、詰めることとした。

池田代表幹事の挨拶を聞く新入会員ら

2017.12.07新入会員交流懇談会 27人出席し各部会長・委員長らと懇談

新入会員交流懇談会が12月7日、リーガロイヤルホテル広島で開かれた。昨年12月から今年11月までの入会者のうち、この日は27人が出席。池田晃治、佐々木茂喜両代表幹事をはじめ各部会長・委員長(一部代理を含む)、それに尾道、広島中央の2支部長らを加えた18人と6テーブルに分かれて懇談した。初めに池田代表幹事が挨拶し、当会の概況などを紹介。続いて各部会長・委員長らが順次、それぞれの活動状況を説明し、加入を呼びかけた。この後、懇親会に移り、途中、新入会員全員がスピーチし、入会の動機や抱負などを語った。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部