広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
自前のお好み焼き作りに挑戦する女性メンバーら

2019.09.03女性会員の集い 田村代表幹事の講演聴き OKOSTAでお好み焼き体験

女性会員のつどいが9月3日、ホテルグランヴィア広島で開かれた。女性メンバー12人と佐々木茂喜、田村興造両代表幹事及び所管する総務部会の佐々木孝富部会長、船木孝哲副部会長ら11人も出席。佐々木代表幹事の開会挨拶に続いて田村代表幹事が「自分史からお話したいこと~若い人に伝えたいこと~」と題して講演し、自身が携わった仕事を通じて見えてきたものとしてチャレンジ精神とチームワークの大切さなどを語りかけた。この後、会場を広島駅ビルのお好み焼き体験スタジオ「OKOSTA」に移して懇談会。自分で作ったお好み焼きなどを好みのワインとともに味わいながら楽しいひと時を過ごした。

11人が集まって開かれた総務部会

2019.08.29総務部会 佐々木部会長が日韓対立や消費増税等への所感交え挨拶

総務部会(佐々木孝富部会長)は8月29日、広島商工会議所ビルで11人が出席して開かれた。初めに佐々木部会長が挨拶し、最近の時事話題で日韓の対立や日米貿易交渉の動向、10月からの消費増税等による経済への影響、厚生労働省の年金財政検証等に対する所感を述べた。この後、谷口康雄事務局長が7・8月分の活動状況や9月以降の予定等を報告。次いで、来年1月の新年特別例会の講演テーマと講師選定に関する説明があり、テーマは2020東京五輪関連の内容とし、講師は候補として挙がった4氏のうちから、みずほ総合研究所経済調査部長の太田智之氏を最適任として準備を進めることで了解を得た。

神龍による「よさこい」踊りを見る参加者

2019.08.28オール広島 支部交流会 81人参加 支部放談と懇親会で盛り上がる

「オール広島 支部交流会」が8月28日、ホテルグランヴィア広島で開かれた。呉・三原・尾道・福山・備北・広島中央の6支部から計43人と広島の38人が参加。佐々木茂喜代表幹事が挨拶して開会し、香川基吉交流部会長が会の趣旨等を説明した。次に佐々木代表幹事が再び登壇し、「広島という才能を、眠らせない」をテーマに掲げた今年度基本方針の要点について講話。続いて各支部長らが支部の活動内容等をユーモア交じりに“放談”し、意見交換もした。この後、懇親会に移り、田村興造代表幹事の挨拶で開宴。途中、アトラクションで広島市内の同好グループ「神龍」による「よさこい」踊りがあり、大いに盛り上がった。

画像も映しながら経過を振り返る冨山委員長の報告を聞く出席者

2019.08.27ひとづくり委員会 「第11回新入社員パワーアップ研修」の報告

ひとづくり委員会(冨山次朗委員長)は8月27日、広島商工会議所ビルで24人が出席して開かれた。初めに冨山委員長が時候と併せ、プロ野球・カープの話題や国内外の政治経済情勢に対する所感などを交えて挨拶。引き続き、6月17~19日に実施した「第11回新入社員パワーアップ研修」について「途中、体調を崩して帰った研修生1人がいたほかは大過なく終了できた」と口頭で概要を報告したうえで、パワーポイントを使って写真等も見せながら経過を振り返った。これを受けて、研修プログラムの各パート担当責任者を務めた委員会メンバーらからも感想も含めた報告があった。

関崎氏(右端)の話に耳を傾ける出席者

2019.08.26ダイバーシティ委員会 「丸井Grの共創サステナビリティ経営」卓話

ダイバーシティ委員会(川妻利絵委員長)は8月28日、佐々木茂喜、田村興造両代表幹事を含む30人が出席して広島商工会議所ビルで開かれた。初めに川妻委員長が挨拶し、続いて丸井グループサステナビリティ部長兼ESG推進部長の関崎陽子氏が「丸井グループの共創サステナビリティ経営~ダイバーシティ&インクルージョンとは何か~」と題して卓話。「丸井グループの目指すのは、すべての人が『幸せ』を感じられるインクルーシブで豊かな社会を共に創ること。それに向かって、お客さまと共にインクルーシブな店づくり、モノづくり、そして働き方改革などに取り組んでいる」と実例を挙げて説いた。

82人が出席して開かれた委員会で挨拶する椋田委員長(最奥中央)

2019.08.21まちづくり委員会 今年度の初会合で今後の活動テーマ等を協議

今年度最初のまちづくり委員会が8月21日、広島商工会議所ビルで82人が出席して開かれた。冒頭、新たに就任した椋田昌夫委員長が挨拶し、引き続き当同友会の今年度活動テーマと基本方針等を紹介。そのうえで、昨年度まで2年間の当委員会の活動概要を事務方から説明し、それを踏まえて今年度の活動テーマ(案)について椋田委員長が、先の正副委員長会議で挙がった検討課題をもとに①都心部と中山間地域をいかに繋ぐか②都心部と中山間地域それぞれのまちづくりのイメージ共有③まちづくりを実行していく仕組みづくり―等を示し、出席者からの意見も参考に今後の取り組みを進めることした。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部