広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
伊藤委員長(奥壇上)の講話に耳を傾ける参加者

2018.02.09第9回新入社員パワーアップ研修参加者交流会 100人余集い歓談

第9回新入社員パワーアップ研修参加者交流会が2月9日、リーガロイヤルホテル広島で開かれた。研修生は74人が出席し、車座談義で講師を務めた当会メンバーや運営スタッフら32人も参加。佐々木茂喜代表幹事の開会挨拶の後、広島ブランド委員会の伊藤豪朗委員長が「新生『広島ブランド委員会』の目指すもの~広島エリアを中心とした滞在型インバウンド観光振興に向けた環境整備の推進~」と題して講話をした。続いて、ひとづくり委員会の川妻利絵委員長が挨拶して開宴。約7カ月ぶりに再会した参加者は近況報告などに話を弾ませた。

石井氏(最奥中央)の卓話を聴く出席者

2018.02.02文化振興委員会 「ひろしま神楽の歴史と現状」石井氏が卓話

文化振興委員会(木坂利治委員長)は2月2日、広島商工会議所ビルで36人が出席して開かれた。まず、昨年秋に会員を対象に行った広島県の文化に関するアンケートの結果を発表。これを踏まえて正副委員長会議で検討した結果、当委員会は今後、神楽の振興を核として地域の活性化を考えることに結論付けたと木坂委員長が報告し、了承を得た。引き続いて、NPO法人広島神楽芸術研究所の石井誠治理事が「ひろしま神楽の歴史と現状」と題して卓話。神楽の起源と流れや広島の神楽誕生後の歴史、現状と課題、将来展望に論及した。

椋田社長(手前右)の説明に耳を傾ける出席者

2018.02.02まちづくり委員会で椋田氏が卓話「広島の街づくりと公共交通」

まちづくり委員会(田村興造委員長)は2月2日、ホテルグランヴィア広島で64人が出席して開かれた。初めに田村委員長が挨拶し、併せて平成29年度の活動の経緯と今後の予定を説明。引き続いて広島電鉄の椋田昌夫社長が「広島の街づくりと公共交通」のテーマで卓話。「子供から高齢者まで、誰もが移動しやすい街づくり」を目指し、同社が進めている電車・バス事業の新たな展開として、電停とバス停の一体的整備や電車の市内線ルート変更による時間短縮、バスロケーションシステムの導入、都市圏での循環線開設等を中心に説明した。

社員に交じって朝礼に参加し、一緒に深呼吸をするメンバーら

2018.01.29ひとづくり委員会 沖縄県訪れ人材育成の先進企業など視察

ひとづくり委員会(川妻利絵委員長)は1月27~29日、沖縄県を訪れ視察会を開いた。委員会メンバーを中心に24人が参加。初日は那覇空港に到着後、貨物ターミナルでANA Cargoの荷捌き施設等を見学した。続いて隣接のヤマト運輸の国際物流拠点、沖縄グローバルロジスティクスセンター(サザンゲート)も視察。2日目は木部町の美ら海水族館や今帰仁村の食農体験施設「あいあいファーム」を見学し、最終日は那覇市内の「一人一人が輝く経営」で名高い通販会社e‐no(イーノ)を訪問、社員に交じって「日本一長くて楽しい朝礼」に参加した。

村橋氏の卓話に耳を傾ける出席者

2018.01.26広島ブランド委員会 卓話「インバウンド増で世界に誇れる地域に」

広島ブランド委員会(伊藤豪朗委員長)は1月26日、広島商工会議所ビルで佐々木茂喜代表幹事を含む41人が出席して開かれた。伊藤委員長の挨拶に続いて、せとうち観光推進機構の村橋克則事業本部長が「外国人観光客(インバウンド)増加が地域にもたらすもの」のテーマで卓話。せとうちDMOの取り組みを紹介しつつ、観光は地域を挙げて取り組むべきテーマであり、目指すものは「輝かしい未来に向けて住民の間に誇りと希望が満ちている地域」と説いた。この後、昨年12月に行った奈良や高野山などでの先進事例視察の報告もあった。

スタートアップカフェを見学する参加者

2018.01.19創業支援委員会 福岡市訪れ起業家支援の先進事例視察

創業支援委員会(角倉博志委員長)は1月19日、「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されている福岡市を訪れ、官民協働型スタートアップ施設の「フクオカ グロース ネクスト」を視察した。17人が参加。初めに市経済観光文化局の富田雅志創業・大学連携課長から創業支援に取り組んだ経緯や各種施策等の説明を受けた。次に同施設の運営に携わる福岡地所の担当者らから利用状況などを聞いた後、施設内のスタートアップカフェやチームルーム、シェアオフィスなどを見学。続いて施設利用者の起業家2人からも経営の現状などについてヒアリングした。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部