広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
佐々木部会長(右列手前から3人目)の挨拶を聞く出席者

2019.11.21総務部会 今年度2回目の「女性会員のつどい」を来年1月開催へ

総務部会(佐々木孝富部会長)は11月21日、広島商工会議所ビルで15人が出席して開かれた。冒頭、佐々木部会長が挨拶し、「ローマ教皇の38年ぶり来日」や「厚労省の労働政策審議会の分科会が職場のパワハラ防止に向けた指針案了承」といったニュースを取り上げて所感を述べた後、谷口康雄事務局長が11月の活動状況や12月以降の予定等を報告。次に、今年度2回目となる「女性会員のつどい」の開催について山根以久子副部会長が「来年1月29日、広島空港ビルでIAA広島校の崔希美校長による卓話『選ばれる女性経営者のための魅力術』とCA試験の体験、テーブルマナー講習を予定している」と説明した。

4テーブルに分かれ議論する学生と委員会メンバーら

2019.11.21創業支援委員会 修道大で「起業マインド」醸成ワークショップ開催

創業支援委員会(水谷泰之委員長)は11月21日、広島修道大学で学生向けに「起業マインド」醸成のためのワークショップを開催した。委員会メンバーを中心に当会から16人が参加。大学側は学生24人のほか、教員2人も同席した。開会に当たって水谷委員長が挨拶し、委員会創設以来の活動経過を説明したうえで、この日の取り組みへの期待等を表明。学生は4グループに分かれて着席し、そこに委員会メンバーらと教員が加わり、4副委員長をリーダーとして議論を進め、就職か起業か、なぜ起業を目指すのか、起業に対して不安な点や解決策は?などについて学生の声を聞き、企業経営者の立場からアドバイス等をした。

真剣な表情で九谷焼の絵付け作業を見学する参加者

2019.11.20広島ブランド委員会 北陸訪れ伝統工芸品の新ブランド化先進地視察

広島ブランド委員会は11月19~20日、福井、石川両県を訪れ、伝統工芸品を現代にマッチした形のブランド化に取り組む先進事例の視察会を開いた。神田尚委員長をはじめ11人が参加。初日は鯖江市で、創造的な産地形成を目指してデザイン~商品開発~販路開拓を一貫して手がけるTSUGIと老舗の漆器メーカーで近年、お椀の自社ブランドも立ち上げて新たな顧客獲得に注力する漆琳堂を訪問し、ヒアリングと見学をした。2日目は小松市に向かい、昔ながらの手仕事を大切にしつつ転写ブランドによる量産化も図ってきた九谷焼の上出瓷藝と伝統工芸体験施設の「加賀伝統工芸村 ゆのくにの森」で、同様に視察を行った。

中山氏の講演を聞く参加者

2019.11.14第19回札仙広福・四極円卓会議 広島で開催 4同友会から48人参加

第19回札仙広福・四極円卓会議が11月14日、ホテルグランヴィア広島で開かれた。福岡・北海道・仙台の3経済同友会から計24人、地元の広島は佐々木茂喜、田村興造両代表幹事をはじめ24人が参加。佐々木代表幹事の開会挨拶に続いて基調講演があり、初めに中国経済産業局産業部長の中山光治氏が「プロスポーツを核とするスポーツ関連産業の創出と地域活性化」をテーマに、次にサンフレッチェ広島スタジアム総合戦略室長の信江雅美氏が「新たな地域貢献の取り組みと『まちなかスタジアム』」と題し、それぞれスポーツによる地域振興の意義などを説いた。この後、各同友会の代表幹事が各地の取り組みを報告した。

初めに挨拶をして議事を進める白井委員長(最奥左)

2019.11.12広報戦略委員会 肖像権でガイドライン作成へ 高橋弁護士の卓話も

広報戦略委員会(白井孝司委員長)は11月12日、ホテルメルパルク広島で20人が出席して開かれた。初めに白井委員長が挨拶し、引き続き当会の広報に関して活動状況等を内外に発信していくためのツールとしてホームページの活用、中でも動画レポートの掲出に向けて作業を進めることを確認。次に動画・静止画を問わず課題となる肖像権の取り扱いについてガイドラインを作成し、総務部会に提案することを説明し、了承を得た。この後、髙橋総合法律事務所の髙橋浩嗣弁護士が卓話として、肖像権をはじめ、プライバシー権や個人情報保護など広報活動を展開するうえで注意すべき法的な諸点について解説した。

「強気になれば力が出る」と言う高畑氏の教えを実践する参加者

2019.11.0711月幹事会 メンタルトレーニングについて高畑氏が実技交え卓話

11月の幹事会は7日、広島商工会議所ビルで85人が出席して開かれた。冒頭、佐々木茂喜代表幹事が相次いだ自然災害や日韓関係等に触れながら挨拶。次いで各支部・部会・委員会から10月分の活動状況と11月以降の予定の報告があった。続いて、会員異動で新入3人、交替4人を承認。会員総数は903人に増えた。会議終了後は恒例の卓話で、数々の有名アスリートらの精神面の指導を担当してきたメンタルトレーナーの高畑好秀氏が「本番で実力を発揮するメンタルトレーニング」と題し、実技を交えながら、どんなことでも「少しでも可能性があればプラス思考で前向きに取り組んでいくことで道は開ける」と説いた。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部