広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
八木会長(右手壇上)の卓話に聴き入る出席者

2018.04.05幹事会開く 新年度予算(案)など了承 ゆば八・八木会長が卓話

4月の幹事会は5日、広島商工会議所ビルで98人が出席して開かれた。冒頭、挨拶した池田晃治代表幹事は、最近の政治経済情勢に触れる中で「米国のトランプ大統領が鉄鋼に25%、アルミに10%の関税をかけることにしたというが、どのような影響が日本、特に地元広島の経済に出てくるのか、新聞を細かく読んで考えているところだ」と述べた。次いで、各支部・部会・委員会から3月の活動状況と4月以降の予定等の報告があり、続いて新入3名、交替10名、退会7名の会員異動を承認。平成29年度収支決算と30年度収支予算(案)も了承した。この後、比叡ゆば本舗ゆば八の八木幸子会長が「念ずれば夢かなう」と題して卓話をした。

圓山委員長(左端)の説明を聞く出席者

2018.04.03ものづくり委員会 新年度の実践活動第1弾 改善手法の事例紹介

ものづくり委員会(圓山雅俊委員長)は4月3日、広島商工会議所ビルで委員やフェローメンバーら70人が出席して開かれた。初めに圓山委員長が挨拶し、引き続き5つのテーマで取り組む新年度の実践活動計画を説明。この日は、そのうちの「改善手法」の学びの場として開かれている広島商工会議所主催の「ムダ取り塾」、ひろしま産業振興機構主催の「イノベーションインストラクター育成塾」について、それぞれ主催者側の担当者がカリキュラム等の概要を紹介した後、ムダ取りの受講者から3件、イノベーションでは2件の成果事例の発表があった。

議事進行に当たる前田部会長(左から4人目)。両隣に並ぶのは各副部会長

2018.03.29総務部会 平成29年度決算(見込み)・30年度予算(案)を了承

総務部会(前田昭部会長)は3月29日、広島商工会議所ビルで18人が出席して開かれた。冒頭、挨拶した前田部会長は「昨日、国会で成立した新年度予算は97.7兆円という歳出規模だが、社会保障費の抑制やプライマリーバランスの黒字化等の問題を先送りしてのものに疑問を感じる。日本経済の本質的成長に繋がる政策提言を民間、地方からしていく我々の役割こそ求められている」と指摘。この後、3月の活動状況と4月以降の予定等の報告に続いて、平成29年度収支決算(見込み)と30年度収支予算(案)を一部修正含め了承、幹事会に上程を決めた。

16人が出席して開かれた交流部会

2018.03.28交流部会 平成30年度の年間行事予定等で意見交換

交流部会(香川基吉部会長)は3月28日、広島商工会議所ビルで16人が出席して開かれた。初めに香川部会長が挨拶し、「平成29年度に予定していた事業はすべて終了した。本日は30年度の事業計画や年間の担当行事予定について、みなさんの知恵も借りることも含めて協議したい」と述べ、まず部会の新年度事業計画(案)を説明し、了承を得た。次いで、新年度の年間行事予定について日程や内容未定のものも含めて説明。このうち、始めて3年目となるオール広島支部交流会のプログラム構成等に関し、過去2回の状況を踏まえて意見交換した。

岡村課長(最奥右)の話に耳を傾ける出席者

2018.03.28文化振興委員会 神楽振興とインバウンド対応で県の取り組み聞く

文化振興委員会(木坂俊治委員長)は3月28日、30人が出席してリーガロイヤルホテル広島で開かれた。冒頭、木坂委員長が挨拶し、「前回の委員会で神楽の振興を中心に地域の活性化を考えていこうということになった。そこで、まず行政サイドの取り組みを聞こうと本日の卓話を設定した」と趣旨説明。引き続いて、広島県環境県民局文化芸術課長の岡村恒氏が「文化としての神楽の振興に向けた広島県の取り組み」、同商工労働局観光課政策監の梅田泰生氏が「外国人観光客に向けた神楽公演」について、それぞれ現状と今後の方向性などを語った。

沖縄視察参加者も出席して開かれた委員会

2018.03.27ひとづくり委員会 第10回新入社員パワーアップ研修計画を説明

ひとづくり委員会(川妻利絵委員長)は3月27日、広島商工会議所ビルで開かれた。委員以外に1月末の沖縄視察参加者も含めて39人が出席。初めに川妻委員長が挨拶し、この間の活動について新入社員パワーアップ研修参加者交流会や広島修道大学と連携の企業見学バスツアー、女性が輝くための交流会を中心に報告。次いで「広島の未来を担うひとづくりに向けて」と題した平成30年度事業計画(案)について説明し、了承を得た。その中で、6月6~8日に開く第10回同研修の計画についても説明し、委員会メンバー等の運営への協力を呼びかけた。最後に、沖縄視察会の報告を各訪問先での様子を撮影した写真で紹介しながら行った。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部