広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
冒頭、挨拶をする佐々木部会長(右側の列奥から3人目)

2020.11.26総務部会 佐々木部会長が昨今の社会経済動向への所感等を交え挨拶

総務部会(佐々木孝富部会長)は11月26日、広島商工会議所ビルで10人が出席して開かれた。冒頭、佐々木部会長がコロナ禍をめぐる最近の社会動向に触れて挨拶。「再び人の移動や購買活動が控えられてくると、またあの重苦しい雰囲気になっていくのではないかと危惧している」と述べた。次いで、谷口康雄事務局長が11月分の活動と12月月以降の予定及び会員異動等について報告。続いて、佐々木部会長が令和3年1月に開く新年特別例会の特別講演(講師・脳科学者茂木健一郎氏)に関し、会場は50人定員としてリアルで聴くほか、別室でも50人がビデオで同時視聴できるようにする方向で計画していると説明した。

中村局長(最奥中央)の卓話に耳を傾ける会場出席者

2020.11.25まちづくり委員会 「都心活性化をめぐる最近の状況」中村氏が卓話

令和2年度の第1回まちづくり委員会(椋田昌夫委員長)が11月25日、ホテルメルパルク広島で開かれた。会場外からウェブでの参加と佐々木茂喜代表幹事をはじめとする来場者を合わせて66人が出席。初めに椋田委員長が挨拶し、「コロナ禍で活動の見直しを余儀なくされており、まちづくりの取り組みについても社会の変化に対応した新たな観点に立って考えていきたい」と述べた。引き続き、その考え方から設定したこの日の卓話に移り、広島市都市整備局長の中村純氏が「都心活性化をめぐる最近の状況について」と題し、市が計画する官民連携まちなか再生推進事業や都心における主要プロジェクト等を説明した。

正面のビジョンに映し出された説明資料を見ながら関氏(最奥中央)の卓話を聞く出席者

2020.11.19広島ブランド委員会 じゃらん・関氏卓話「2030年 観光の未来予測」

広島ブランド委員会(皆本恭介委員長)は11月19日、オリエンタルホテル広島で開かれた。田村興造代表幹事はじめウェブでのリモート参加者を含む49人が出席。初めに皆本委員長が挨拶し、委員会の今年度の活動テーマなどを紹介した。引き続いて、リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターの関陽平エリアプロデューサーが「2030年 観光の未来予測」をテーマに卓話。観光マーケットを取り巻く環境の変化を踏まえた10年後の国内旅行者と訪日外国人観光客数及びニーズ等の予測をもとに、宿泊業や観光地の未来像を描き、地域のコア・アイデンティティを知り、それを共有して戦略を立てる必要性を説いた。

開会挨拶をする貫代表幹事の姿が映し出されたスクリーンを見る広島の参加者

2020.11.17札仙広福・四極円卓会議 「地方創生のための東京一極集中是正」訴え

北海道、仙台、広島、福岡の各経済同友会による第20回札仙広福・四極円卓会議が11月17日、福岡市のホテルを主会場に開かれ、地元福岡と仙台からはリアルで、広島と北海道はそれぞれ設けた別会場に集まり、ウェブで参加した。全会場合わせて50人が出席。「地方創生のための一極集中是正」をテーマとし、福岡の貫正義代表幹事の挨拶に次いで、(公社)経済同友会地方創生委員会委員長の東和浩氏が基調講演をした。引き続き4同友会の代表幹事らが今回のテーマに関連した各同友会の取り組みを報告。これをもとに「新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた東京一極集中是正と地方活性化のあり方に関するアピール」を採択した。

林教授(左端、立っている)の講演を聴く会場の参加者

2020.11.13創業支援委員会 広工大と共催でPRイベント 同大の取り組み紹介

創業支援委員会(水谷泰之委員長)は11月13日、広島工業大学と共催で同大の研究開発や人材育成などの取り組みを紹介する「PRイベント」を広島国際会議場で開いた。当会からは佐々木茂喜代表幹事をはじめ、委員会メンバーを中心に41人(ウェブでリモート参加含む)が出席。開会に先立って水谷委員長が挨拶し、イベントの趣旨などを述べた後、同大IOT・AI・データサイエンス教育研究推進センター長の林孝典教授が同センターの活動について、地域防災減災教育研究推進センター長の渡壁守正教授と副センター長の田中健路教授が「防災・減災技術の研究・開発」や「地域防災に関する取り組み支援」をテーマに講演した。

ウェブシステム併用で開いた幹事会。会場で冒頭、挨拶する佐々木代表幹事(最奥の列中央、スクリーン上の映像も)

2020.11.0511月幹事会 ウェブ併用 卓話「カルビーの対外コミュニケーション」

11月の幹事会は5日、ホテルグランヴィア広島でウェブ会議システムを併用して開かれた。会場でのリアル参加とオンライン参加を合わせて89人が出席。冒頭、佐々木茂喜代表幹事が挨拶し、コロナ感染の状況に対する所感等を述べた。次いで、各支部・部会・委員会から10月の活動状況と11月以降の予定等を報告。続いて新入1名、交替5名、退会1名の会員異動を承認した。この後、「カルビーの対外コミュニケーションについて」と題して、同社コーポレートコミュニケーション本部の駒田勝本部長と吉田聡広報部長が卓話。「攻めの広報×守りの広報」を基本に展開する同社の広報活動を実例を挙げながら紹介した。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部

広島経済同友会
備北支部