広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
34人が出席して開かれた委員会

2019.01.15文化振興委員会 提言書の構成案と要点を説明し意見交換

文化振興委員会(木坂俊治委員長)は1月15日、広島商工会議所ビルで34人が出席して開かれた。初めに木坂委員長が挨拶し、次いで昨年8月26日に北広島町、9月23日に安芸高田市の広島県内2カ所、11月20・21日に島根県浜田市を訪れて行った神楽振興による地域活性化の先進地視察の概況について事務方から報告。続いて「『ひろしま神楽』を活用した“まち”の賑わいの創出」をテーマとする提言書の構成を調査研究の推移から現状分析と課題の整理、そして提言とすることを提案、併せて課題と提言の要点を説明し、出された意見を集約、反映させて作成することで了承を得た。

15人が出席して開かれた部会。手前左が挨拶をする前田部会長

2019.01.10総務部会 新年度事業計画・基本方針と部会・委員会構成案を説明

新年初の総務部会(前田昭部会長)が1月10日、広島商工会議所ビルで15人が出席して開かれた。冒頭、前田部会長が年頭の挨拶と併せ、波乱の幕開けとなった経済情勢等について所感を述べ、次に谷田健一事務局長から昨年12月分の活動状況及び本年1月以降の予定等の報告があった後、佐々木孝富副部会長が平成31(2019)年度の事業計画・基本方針(案)と部会・委員会構成(案)を説明。「広島という才能を、眠らせない~広島の未来が新しい日本を創る~」をテーマに、一部新設・改称した2部会・10委員会を組織して旺盛な活動を展開していくとし、了承された。

自社での取り組みの報告をする受講者(最奥、壇上)

2018.12.25「デジタルものづくり塾(金型)」最終報告会・修了式開く

ものづくり委員会(圓山雅俊委員長)がプレス金型・成形現場の実務担当者を対象に開催してきた「デジタルものづくり塾(金型)」の最終報告会・修了式が12月25日、広島商工会議所ビルであった。受講者の14社27人のほか、講師やアドバイザー、委員会メンバーに加え、池田晃治、佐々木茂喜両代表幹事も出席。最初に6月の開講以来、8回にわたった研修や実践活動の経過説明があり、引き続いて「シミュレーションを活用したトライ・育成の効率化」(ワイテック)など13社の取り組みと成果等の報告があった。圓山委員長らの総評の後、委員長から受講者一人一人に修了証が授与された。

女性が輝くための交流会のアンケート結果を紹介する川妻委員長(左列中央)

2018.12.21ひとづくり委員会 パワーアップ研修の参加者交流会等で協議

ひとづくり委員会(川妻利絵委員長)は12月21日、広島商工会議所ビルで28人が出席して開かれた。初めに川妻委員長が挨拶し、11月27日に開催した「女性が輝くための交流会」について参加者アンケートの結果で「満足」とする声が多かったなどと紹介。次いで、広島女学院大学から当会との連携協定に基づく企業見学会開催の要望を受け、委員会メンバーで受け入れ可能な企業を募った。続いて、新年3月1日に開く新入社員パワーアップ研修の過去10回の全参加者を対象にした交流会の内容等の大筋を説明し、参加者増への協力を呼びかけた。また、次年度の研修に関する考えも示し、意見を求めた。

活動の進捗状況等を報告する圓山委員長(最奥、壇上)

2018.12.17ものづくり委員会 広工大・濱崎氏が卓話「利益生み出すデザイン」

ものづくり委員会(圓山雅俊委員長)は12月17日、広島商工会議所ビルで35人が出席して開かれた。初めに圓山委員長が挨拶し、引き続き今年度の活動の進捗状況を報告。製造業の労働生産性の現状に触れたうえ、取り組みを進めて来た共同物流実験や「ものづくり現場革新カレッジ」「デジタルものづくり塾(金型)」等の実践活動を中心に到達点と今後の予定を説明した。この後、広島工業大学情報学部長・教授の濱崎利彦氏が「利益を生み出すデザイン(設計)」と題して卓話。究極のデジタル化が進んだ半導体分野においてデザイナーが果たすべき役割を説いた。

城崎温泉街を歩きながら観光客や施設等の状況を見て回る参加者

2018.12.13広島ブランド委員会 インバウンド対応先進地、豊岡・京都視察

広島ブランド委員会(伊藤豪朗委員長)は12月12・13日、今年度の活動テーマである「滞在型インバウンド観光振興に向けた環境整備の推進」に関する先行事例視察のため、兵庫県豊岡市と京都市を訪れた。10人が参加し、初日はまず豊岡市城崎振興局を訪問。環境経済部大交流課の谷口雄彦課長らから、2011~16年の5年間で城崎温泉を中心に外国人観光客が40倍増となった背景とそれに対応した市の戦略等をヒアリング後、温泉街を散策しながら実態をウオッチした。2日目は京都市役所を訪れ、観光MICE推進室観光戦略課の西松卓哉課長らから市の観光政策等を聞いた。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部