広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
手がけた商品を並べ、1点ずつ紹介しながらブランド化の極意を説く三宅氏

2019.11.01広島ブランド委員会 「伝統工芸活用したブランドづくり」で卓話

広島ブランド委員会(神田尚委員長)は11月1日、ホテルメルパルク広島で田村興造代表幹事を含む41人が出席して開かれた。初めに神田委員長が挨拶し、前回委員会での卓話から学んだことや今回の卓話テーマ設定の狙いなどを紹介。引き続いて、マーケティングコンサルタントやライフコーディネーターなど数々の肩書を持つクリエイティブ・ワイズ社長の三宅曜子氏が「伝統工芸・地域資源を活用したブランドづくり」と題し、自身がプロデュースなどを手がけた商品について現物を見せて紹介しながら、「着目ポイントと磨き方次第で消滅しかけていた物もよみがえらせられる」とブランド化の極意を説いた。

当会の組織現況等を説明する佐々木部会長(右列手前から3人目)

2019.10.31総務部会 広島経済同友会の現況及び部会・委員会構成の推移報告

総務部会(佐々木孝富部会長)は10月31日、広島商工会議所ビルで14人が出席して開かれた。冒頭、佐々木部会長が経産省の9月の商業動態統計等をもとにした景気動向や即位礼正殿の儀、相次ぐ台風による風水害等への所感を交え挨拶。次いで、谷口康雄事務局長から10月分の活動概要や11月以降の予定等について報告があった。続いて、佐々木部会長が「部会の活動テーマの一つに当会の仕組みの再認識や情報発信を通じて活動の活性化に資するということがあり、その手始めとしてまとめたものをみなさんと共有したい」として、広島経済同友会の組織現況や過去6年間の部会・委員会構成の推移等を説明した。

藤野氏(右列中央)の説明に耳を傾ける出席者

2019.10.28ダイバーシティ委員会 損保ジャパンの取り組みについて藤野氏卓話

ダイバーシティ委員会(川妻利絵委員長)は10月28日、広島商工会議所ビルで22人が出席して開かれた。初めに川妻委員長が挨拶し、引き続いて「損害保険ジャパン日本興亜の取り組み~Diversity for Growthの実現に向けて~」と題し、同社人事部特命部長の藤野修氏が卓話。ワークとライフの両立の中で女性社員が抱えるさまざまな“モヤモヤ”解消をダイバーシティ&インクルージョン実現の核となる課題と捉え、コミュニケーションの向上から始め、活躍の場の提供、柔軟な働き方の推進、アンコンシャス・バイアスの自覚等の多角的な取り組みを展開してきていることを具体例を示しながら説明した。

和牛歴史資料館を見学する参加者

2019.10.18備北都市懇話会 庄原で開催 86人参加 「広島和牛の歴史と魅力」探る

令和元年度の備北都市懇話会が10月18日、庄原市で開かれた。佐々木茂喜、田村興造両代表幹事をはじめ広島から35人、呉・三原・尾道・福山・広島中央の各支部と地元の備北支部を合わせて51人が参加。「広島という才能を、眠らせない!~広島和牛の歴史と伝統と魅力の探求~」をテーマに、全農広島県本部の広島和牛歴史資料館と和牛TMR(混合飼料製造)センターを見学後、かんぽの郷庄原で備北支部の伊藤郁夫支部長の開会挨拶に続き、県農林水産局畜産課主査宇田久康氏の「地ビーフあります」と題した講演を聴いた。この後は懇親会に移って、和牛やマツタケなどご当地ならではの秋の味覚を堪能した。

中條氏(右端)の講演を聴く参加者

2019.10.17創業支援委員会 広島大学と共催のPRイベント 福山で開く

創業支援委員会(水谷泰之委員長)は10月17日、大学発ベンチャーのビジネスマッチングなどで連携している広島大学と共催のPRイベントを福山市ものづくり交流館で開いた。同委員会及びものづくり委員会、福山支部と同大から合わせて42人が参加した。同大の河原能久副学長が主催者を代表して挨拶し、引き続き同大デジタルものづくり教育センターの取り組みについて中條善樹センター長が講演。「オープンイノベーション拠点」としてのセンターの位置づけと体制、現在展開している「材料モデルベースリサーチ」「データ駆動型スマートシステム」「スマート検査・モニタリング」の3プロジェクト等を説明した。

第117回西日本経済同友会会員合同懇談会のオープニングアテンションの大山僧兵太鼓を見る広島からの参加者

2019.10.11第117回西日本経済同友会会員合同懇談会 米子で開催 550人 参加

「小さいからできる 人口最小県からのチャレンジ」をテーマに、第117回西日本経済同友会会員合同懇談会が10月11日、鳥取県米子市で開かれた。中部以西の18同友会から総勢550人余が集まり、広島からは佐々木茂喜、田村興造両代表幹事をはじめ37人が参加した。地元、鳥取県経済同友会の松村順史代表幹事の開会挨拶に続いて、同県の平井伸治知事が「地方から開く令和新時代」と題して基調講演。次いで、ALE代表取締役の岡島礼奈氏が「人口流れ星が生み出す新たな宇宙ビジネス」についてプレゼンテーション。この後、地元の魅力発信や産業発展に尽力している4氏によるパネルディスカッションがあった。


広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部