広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:原爆ドーム
広島市街地周辺:厳島神
広島市街地周辺:厳島神社
呉:安芸灘大橋
呉:安芸灘大橋
三原:だるま市
三原:だるま市
尾道:千光寺からの風景
尾道:千光寺からの風景
福山:鞆の浦の常夜灯
福山:鞆の浦の常夜灯
備北:帝釈峡 雄橋
備北:帝釈峡 雄橋
広島中央:西条 秋の酒つくり
広島中央:西条 秋の酒つくり

ABOUT


経済同友会とは

広島経済同友会は、昭和31年3月、日本経済の進歩と安定、会員相互の啓発、親睦を図ることを目的として、当時の企業人有志が結集して誕生した集団であり、一貫してより良い経済社会の実現、国民生活の充実のための諸課題に率先して取り組んでいます。

本会の特色は、企業経営者が一企業や特定業種の利害を越えて自由な活動を行うところにあります。

会員ひとりひとりが、より広い視野と自由経済社会の担い手であるという自覚のもとに、日々変化する経済社会の諸問題について議論を深め、社会に訴えていくことも大変重要な活動です。

そのため、本会ではさまざまなテーマについて、調査・研究・討議を積極的に推し進めています。

その成果として生まれた提言は政策当局、産業界をはじめ、広く社会に対して影響を与えています。とりわけ地域の活性化には強い関心を寄せ、これまで数多くの提言を行ってきました。また、各地経済同友会とも緊密に連携し、交流を深めています。

広島経済同友会は常に自主性と独自性をもって、新しい時代に向けた活動を展開しています。

ACTIVITY

主な活動
錦田宮司(右端、壇上)の講演を聴く参加者一同

2020.10.16令和2年度広島・島根経済同友会交流懇 出雲で開催 大社参拝や講演

令和2年度広島・島根経済同友会交流懇談会が10月16日、島根県出雲市で開かれた。広島からは佐々木茂喜、田村興造両代表幹事をはじめ29人、島根は川上裕治、石丸文男、松尾倫男の3代表幹事を含む38人が参加。この地で旧暦10月の「神在月」にある神事にちなみ、まずは八百万の神々を迎える稲佐浜を訪れた後、出雲大社の正式参拝の体験と併せ、本殿等を普段は入れない場所から視察した。次いで、その神事を締めくくる「神等去出祭」が行われる万九千神社に向かい、同様に参拝と見学。引き続いて会場をホテル武志山荘に移し、同神社の錦田剛志宮司の「出雲の神在祭」と題する講演などの後、懇親会を催し交流を深めた。

北村常務(奥中央、立っている)の卓話を聴く出席者

2020.10.15広報戦略委員会 「広報戦略を考える」中国新聞・北村常務が卓話

広報戦略委員会(白井孝司委員長)は10月15日、広島商工会議所ビルで開かれた。佐々木茂喜、田村興造両代表幹事を含む23人(一部はウェブ参加)が出席。初めに白井委員長が挨拶し、引き続き前回の委員会での卓話の概要を振り返り、この日の委員会も含めて今後の活動計画を説明した。この後、中国新聞社の北村浩司常務が「広報戦略を考える」と題して卓話。大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」などを参考事例として挙げながら、「キーワードは『共感』。思いが伝わってこそ広報。言いっぱなしではなく双方向で。誰に何のために何を伝えるかを明確に。自ら打って出る積極的な姿勢が大事になる」と説いた。

事務方(手前、背中)の質問に答える形で思いを披瀝する植木重夫氏(奥左端)と繁之氏(右隣)

2020.10.14事業承継委員会 「父と息子の事業承継」植木重夫・繁之氏が卓話

令和2年度第1回の事業承継委員会が10月14日、ひろしまハイビル21で開かれた。田村興造代表幹事を含む33人が出席。初めに、6月に就任した坂井浩司委員長が自己紹介と抱負を交えて挨拶し、引き続き今年度の事業計画に基づく今後の活動方針等を説明した。この後、ホームサービス植木の植木重夫会長と長男の繁之社長が「父と息子の事業承継」と題して卓話。委員会の事務担当者の司会で質問に答える形で、事業承継に至るまでの経緯や承継後の両者の関係、従業員や取引先への対応等について、それぞれの局面で互いにどんな思いを抱き、どう考えて行動していったか、今後の事業継続への取り組み方などを語った。

ウェブで資料を画面表示しながらリモートで講演する久保田氏(画面右上)

2020.10.07ものづくり委員会 実践活動の「現場革新カレッジ」など合同開講式

ものづくり委員会(向田光伸委員長)が主催する「ものづくり現場革新カレッジ」と「デジタルものづくり塾」の<プレス成形金型>初級・中級アドバンス、<射出成形金型>初級・中級の合同開講式が10月7日、ウェブによるオンラインで行われた。受講者は各コース合わせて36社の52人。初めに向田委員長が挨拶し、この実践活動の狙い等について説明した。次いで広島工業大学名誉教授の久保田洋志氏が「勝ち残れる企業となるための変革」と題して講演。続いて昨年度のカレッジと塾での取り組みの優秀事例の発表などがあり、受講者全員が自己紹介し研修に臨む抱負等を述べた後、研修日程の説明で締めくくった。

鉢嶺氏(奥左端、立っている)の講義に耳を傾ける受講者

2020.10.02ひとづくり委員会 県立大学大学院と共催「価値創造セミナー」開講

ひとづくり委員会(冨山次朗委員長)が広島県立広島大学大学院と共催で開く「価値創造セミナー」(全3回)の第1回が10月2日、広島商工会議所ビルであった。委員会メンバーや会員企業の経営者らを中心に50人が受講。開講に先立ち、冨山委員長が「新たな時代の経営指標となるヒントとブラッシュアップの機会を提供したい」と挨拶し、同大学院の早田吉伸・准教授が本セミナーの趣旨や狙い等を説明した。続いて、講師のデジタルホールディングス会長鉢嶺登氏が「デジタルシフトの脅威・打ち手・未来」と題してレクチャー。ビジネスモデルを大きく変えるDX(デジタルトランスフォーメーション)にどう対応すべきかなどを説いた。

ウェブシステム併用会議のテスト兼ね開催された幹事会で、スクリーンに映し出されたオンライン参加者を見ながら挨拶する佐々木代表幹事(左側の列手前から3人目)

2020.10.0110月幹事会 ウェブ併用会議のテスト兼ね開催 システム導入を承認

10月の幹事会は1日、ホテルグランヴィア広島で開かれた。この日は、新型コロナウイルス感染回避のため当会の諸会議にウェブシステムを導入するテストを兼ねて開催。会場での出席は代表幹事と支部長・部会長・委員長らに限り、他の幹事らはウェブでオンライン視聴し、合わせて77人の参加となった。冒頭、佐々木茂喜代表幹事が挨拶し、次いで各支部・部会・委員会から7~9月分の活動状況及び10月以降の予定等を報告。この後、協議事項に入り、交替3名、退会1名の会員異動等に続いて、佐々木孝富・総務部会長がウェブ会議システム導入について提案し、目的や運用形態、経費等を説明し、承認を得た。

VIDEO

動画レポート

第11回パワーアップ研修

 "第11回パワーアップ研修" が、2019年6月17日から19日まで3日間  "国立江田島青少年交流の家"  で開催されました。人づくり委員会の主催で開催された本研修も11回になりました。開会式、閉会式の様子を掲載いたしました。 詳しくは "研修報告書" が発行されますので是非ご覧下さい

代表幹事メッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年度の活動が出来ない状況となっています。その中、会員の皆さまに向けて佐々木代表幹事よりメッセージを頂戴しましたので、ご覧ください。 (4月13日に撮影をした映像となります。)

広島経済同友会
呉支部

広島経済同友会
尾道支部

広島経済同友会
福山支部