呉支部


(活動方針)

一昨年に続き昨年も新型コロナウイルスの猛威に翻弄されることとなった。そのような中にあっても懇親会を含むリアルな例会を複数回開催することが出来たのは会員各位の協力があってこそと心から感謝を申し上げたい。

今年度は経口薬も認可されるようなので日常生活や経済活動も正常化に近づくであろうと思われるがもはや何が起こっても不思議ではない。
今年度のスローガンも引き続き「コロナが有ろうと無かろうと今こそ呉を愛す」とする。呉市は他の地方都市以上に様々な問題を抱えている。今こそ呉を盛り上げる気持ちを持ち行動に移すことが大事である。

(事業計画)

昨年に引き続き以下の3つの委員会を中心に活動していく所存である。

(1)呉ブランド委員会
  素晴らしいポテンシャルがあるにも関わらずコロナ禍、人口減で苦しむ呉の特産物(農産物、
  海産物、その他諸々の名産品)にスポットライトを当て呉市内外に発信していく。

(2)呉に人を呼び込む委員会
  昨年呉市が策定した「呉市観光振興計画」にもあるように呉市にとって観光振興はもはや呉
  市が呉市であり続けるための生命線でもある。将来の定住者増につながる観光客増を目指し
  魅力的な例会を開催し映画、アニメ、歴史などの聖地としての特性も発信していく。

(3)産業技術委員会
  戦後の呉市経済の屋台骨を支えてきた大企業の撤退は決まったがまだまだ呉市には最先端の
  技術を擁する企業、機関は多数存在する。それらの企業にスポットライトを当て経営者、研
  究者の貴重な話を聞く機会を設けコロナの沈静化状況によっては企業見学なども企画してい
  きたい。

以上の3委員会を中心に会員各位の協力を仰ぎながら呉らしい活動を展開していきたい。