交流部会


一昨年度から続く新型コロナウイルスの影響は、盛衰を繰り返しながらはや第六波となり拡散をつづけ、我が国の政治・経済活動に多大な影響を与えている。重症者数は減ったとはいえ、感染力は格段に増大し、死者数も高齢者を中心に増え続けている。現時点でピークアウトしつつあると言われているが、第七波の到来も予想されている。

このような状況の中においても、我々は経済同友会活動を止めず、ウィズコロナ・ポストコロナを見据えるとともに、新たな脅威に対応していくためにも新しい生活様式、すなわち「新常態」を模索しながら、活動を続けていかなければならない。

交流部会においても、本来の目的である会員相互や各支部との交流・親睦、新会員のフォローアップ、他経済同友会との意見交換や親睦を新しい生活様式「新常態」を取り入れながら推進できるよう、模索していきたいと考える。

【活動内容】

  (新常態を踏まえた)
(1)会員相互の親睦・交流活動の企画実施
(2)県下各支部や他地区経済同友会、経済団体との交流事業の取り組み
(3)各種大会への参加及び参加奨励
(4)新入会員、交替会員のサポート
(5)その他交流に係る事項の実施