ひとづくり委員会


 社会経済活動が価値観の多様化やデジタル化に向かい、またコロナ禍が労働環境の変化や働き方に大きな変化をもたらす中でも、ひとづくりは普遍的なテーマである。当委員会はひとづくりの機会の提供を担い、これからの新常態を広く模索し実施する。

【今年度活動内容】

(1)新入社員・メンター社員パワーアップ研修 (実施予定時期:上半期)
 昨年度はコロナ禍の影響で、平成21年の開催以来、12年目にして初めて中止となった。今後
 は、従来の大規模集合研修の実施が困難と予想されるため、新しい研修の形態としてオンライン
 での開催を計画する。
 また、昨年度研修を実施できなかった新入社員も、この1年を空白としないよう研修対象者と
 し、今年度の新入社員と併せて計2カ年度の新入社員並びにメンター社員を募集する予定。
 プログラムについては、本研修の目玉の一つである当会会員経営者と膝を突き合わせて話ができ
 る「経営者との車座談義」という人気既存プログラムは継続して実施する予定とするが、具体的
 な実施方法や時期、プログラムの詳細については今後検討していく。

(2)経営者・次期経営者セミナー (実施予定時期:下半期)
 昨年度は、経営者および次期経営者を対象に、これからのビジネスを考え、新たな価値を創造す
 るためのヒントを提供することを目的として「価値創造セミナー」を開催し、デジタル・デザイ
 ン・ローカルというAfterコロナで注目されている価値創造のキーワードからパラダイムシフト
 を考察した。
 受講者(定員40名)には、全3回のセミナーの出席を求めたややハードルの高い設定であったに
 も関わらず、多くの会員に応募いただき、内容も非常に有意義で充実したセミナーとなった。今
 年度も県立広島大学をはじめとした教育機関との産学連携を深め、同様の機会を提供したい。

(3)リベラルアーツ研修 (実施予定時期:通年)
 特定の学問の枠にとどまらず、一般教養について幅広い分野を総合的・横断的に知見を深める機
 会を提供する。卓話では様々な分野で活躍する有識者を講師に迎え、人間力を磨く研修を開催し
 たい。また、歴史上の人物にフォーカスした研修視察については、コロナ禍の状況を見極めつつ
 適切なタイミングでの実施を計画する。